自律神経が乱れたら便秘になる

自律神経が乱れて便秘になってしまったら

なぜ自律神経が乱れると便秘になるのか

自律神経が乱れると、便秘になってしまうことをご存知でしょうか。自律神経とは、消化吸収や呼吸、循環器などが正常に動くことができるようにはたらきかけている神経のことです。胃や腸というのは、この自律神経が正常にはたらきかけてくれることによって吸収や排せつを行っています。そのため、この自律神経が乱れてしまうと、便秘になったり、下痢になったりしてしまいます。

自律神経には二つの神経があります。それは、交感神経と副交感神経です。腸が正常なはたらきをするように司っているのは、副交感神経です。そのため、自律神経が乱れてしまい、交感神経ばかりが活発になってしまうと、腸の動きが鈍くなってしまい、便秘を引き起こしてしまうことがあります。自律神経が乱れると、便秘だけでなく他の症状も出ることがあり、夜が眠れなくなってしまったり、胃が痛くなってしまったりします。

自律神経の乱れによる便秘を治すためには

もし、自律神経が乱れてしまったことを原因として便秘を引き起こした場合、単純に便秘を治そうとするのではなく、自律神経を整えることが必要になります。自律神経を整えようとする中で、自然と便秘が治るように思います。自律神経を問整えるポイントとして、3つのポイントがあります。

1つ目のポイントは、生活習慣を整えるということです。生活習慣が乱れていると、体内のリズムが狂ってしまうので、自律神経が乱れやすくなってしまいます。いくら忙しい生活をしているとしても、睡眠時間を確保しないとからだの疲れはとれません。眠れないときでもからだを休めることが大切です。したがって、眠れないからといって、テレビやスマホ、インターネットをするのではなく、ベッドにからだを横にして目をつむるようにしましょう。

2つ目のポイントは、暴飲暴食をしないということです。好きなものばかりだけを食べたり、お酒を飲んだりしていると、からだに必要な栄養をとることができずに自律神経が乱れてしまうことにつながります。したがって、様々な種類の栄養分をとることができる食事を心がけるようにしましょう。無理なダイエットで食事を制限することや、やけ食いは厳禁です。

3つ目のポイントは、からだをリラックスさせるということです。自律神経が乱れる原因のひとつとして、ストレスが溜まってしまうことがあります。そのストレスを溜めないようにするために、リラックスさせる時間をとるようにしましょう。軽い運動をするのも良いですし、音楽を聞いたり、湯船につかったりしてリラックスするのも良いです。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る