便秘で蕁麻疹がでる?蕁麻疹を引き起こす原因に便秘もある

体の内側でアレルギー物質が作られてしまうことで蕁麻疹が発病する

蕁麻疹は皮膚疾患の一つで、外部のアレルギー性成分に対して肌が刺激を受けて出てしまうこともあれば、ストレスや疲労など、体の内側でアレルギー物質が作られてしまうこともあり、蕁麻疹の原因は一つだけではありません。場合によっては、暑いとか寒いといった気温の変化に対しても蕁麻疹が出ることもありますが、この場合にはアレルギーに反応するために起きるものではありません。

蕁麻疹の原因となる便秘症状

蕁麻疹を引き起こす原因の一つに、便秘もあります。便秘が長引くと、腸内環境が悪化してしまい、腸内では長時間蓄積された食べ物から毒ガスが発生し、それは腸壁を通して血液に入り込み、全身の細胞へ送られてしまいます。場合によってはその毒素を体が「異物」と判断し、ブツブツの原因になることもあるようです。

便秘が原因のぶつぶつは、特定の場所だけにできるというわけではなく、全身にできる可能性があるのが特徴です。血液中に入り込んだ毒素を体が異物と判断するので、全身に一気にブツブツが出てしまうこともあります。

根本的にこうした皮膚疾患を解決するためには、何よりも即効で便秘解消することが必要なので、水分補給と食物繊維、ミネラル成分を積極的に食べたり、糖質や脂質を控えて腸内環境を改善するための見直しが必要です。蕁麻疹は放置しても自然に収まりますが、慢性的にブツブツができやすくなってしまうと何よりもかゆいですし不快ですから、できるだけ便秘が長引かないようにスッキリ習慣をつけたいものです。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る