便秘と胃もたれや胸やけ併発する理由

便秘と胃もたれや胸やけが併発する原因

日頃から便秘気味であると同時に、胃もたれや胸やけも感じるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。便秘じゃない日にはからだ全体が軽いけれど、便秘になるとからだ全体が重く感じて、胃もたれや胸やけも感じる場合があります。胃もたれや胸やけを感じると、気分が悪くなってしまうので、便秘になると体調が悪くなってしまうこともあると思います。

便秘を引き起こしてしまうと、胃もたれや胸やけが起きてしまう原因として、4つの原因が考えられます。

腸の内容物の逆流

腸と胃はつながっています。そのため、便秘を引き起こして腸が詰まってしまうと、胃から腸へ送り込まなければならないものの行き場がなくなってしまいます。そのため、その消化液が胃に逆流してしまい、胃もたれや胸やけが引き起こされてしまいます。消化液が逆流すると、胃もたれや胸やけだけでなく、吐き気や腹痛を引き起こすこともあります。

腸の動きが弱い

便秘はなぜ引き起こされてしまうのでしょうか。その理由のひとつとして、腸のぜんどう運動の力が弱まっていることがあげられます。排せつは、腸がしっかり動くことによって行われます。また、便秘気味であるからといって、下剤を多用すると、ぜんどう運動をしなくても排せつができるようになってしまうので、ぜんどう運動の力が弱まってしまいます。腸と胃はつながっているので、腸の動きが弱まってしまうと、胃の動きも弱まってしまいます。胃の動きが弱くなると、胃での食べ物の消化がしづらくなってしまうので、胃もたれや胸やけを引き起こしてしまいます。

自律神経が乱れている

自律神経が乱れると、消化器官に影響を及ぼします。そのため、便秘になってしまうだけでなく、胃の動きも弱まってしまうために、胃もたれや胸やけが引き起こされてしまいます。この場合、便秘を原因として胃もたれが引き起こされているわけではありませんが、胃もたれと便秘が併発する原因となります。

腸の痛みと勘違いする

便秘であるからといって、必ずしも胃が弱まってしまうわけではありません。しかし、そのような場合でも胃もたれや胸やけが引き起こされる場合があります。それは、腸の痛みと胃の痛みを勘違いしてしまうからです。排泄物が詰まっていることによって苦しんでいるのは、本来ならば腸なので、腸に苦しみを感じるところですが、腸と胃がつながっていることから、腸の苦しみを胃の苦しみとして感じてしまう場合があります。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る