便秘になると太りやすい?便秘と肥満の関係を徹底調査!

Photo: デルタ太った? by hsohei

便秘になると太りやすい・肥満になりやすいという話は聞きますが、便秘と肥満には大きな関係があります。

不思議なことに「便秘の人は肥満になりやすく」、「肥満の人は便秘になりやすい」といった関係があります。便秘による便が溜まっている状態のことを肥満とは言いませんが、便秘になると肥満になりやすい体を作り上げてしまうのです。

太って肥満になると内臓脂肪が増えます。
腸が圧迫されたり腸の周りに余計な脂肪がつくことで便がスムーズに出なくなります。腸に便が詰まっているだけならマッサージで対応できるかもしれませんが、脂肪が直接邪魔をしているのであれば痩せない限り改善されません。

また、便秘になると体の代謝機能が劣ってきますので、エネルギー消費しにくくなり太りやすくて肥満体質へとなります。

上記の結果から便秘と肥満の関係は大きいと言えます。

便秘と肥満の関係

便秘は生活習慣の乱れや体調管理ができていないときなど、簡単になってしまいます。
便秘が原因で肥満体質になってしまっては大変です。便秘と肥満の関係についてしっかり勉強しておきましょう。

便秘が続くと消化や吸収スピードが落ちてしまう

便秘になると腸の中に便が溜まっていき、必要以上に便をためないように消化吸収のスピードが落ちます。

これは腸の中が便でいっぱいにならないために体が自動的に調整をしている結果なのですが、消化吸収スピードが落ちると、便秘じゃない人と比べてカロリーを多く吸収してしまいます。同じものを食べたのにもかかわらずカロリーを多く吸収してしまうため肥満体質になるというわけです。

消化吸収スピードが落ちると代謝も落ちる

便秘になると内臓が動かなくなります。
消化吸収が遅くなれば内臓も仕事をしなくて良くなりますので結果、代謝が悪くなり太りやすくなります。

皮下脂肪がつきやすくなる

便秘症状が続くと、腸の中には便が溜まり続けます。
身体は必要以上に便が溜まらないように消化吸収を遅めますので、腸には栄養素や水分が溜まっている状態になります。この腸に溜まった栄養素が皮下脂肪となってしまうのです。

便秘になると肥満体質や太りやすい体質になると言われていますが、ほかにも多くの弊害があるので注意が必要ですね。

肥満にならないためには便秘にならないことが大切です!
「食物繊維」と「水」を多めにとる!腸内の善玉菌を増やす!適度な運動をする!など、日ごろから予防することをおすすめします。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る