ホルモンバランスの乱れでも便秘になるってほんと?

ホルモンバランスと便秘の関係

ホルモンバランスの乱れによっても便秘が起こるってご存知でしたか?特に女性ホルモンは些細なことで乱れてしまいますよね。そんな女性ホルモンと便秘の関係についてまとめてみました。

女性ホルモンとは

女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。これらのホルモンの分泌に乱れがあると無月経や月経過多、PMS、肌荒れや便秘などを引きおこします。
女性ホルモンはただ補えばいいと言うものでもなく、過剰に摂取しすぎると乳がんや子宮体癌のリスクが上がってしまいます。女性ホルモンはバランスが重要なのです。
またホルモンバランスが乱れやすい行動というものがあります。チェックしてみましょう。

・コーヒーや紅茶が好きである
・寝起きが悪い・昼夜が逆転している
・寝る前にスマホをいじってしまう
・常に仕事のことが気になってしまう
・人間関係がストレスになっている
・趣味がない
・朝ごはんを食べない
・お菓子や揚げ物を良く食べる
・21時以降にご飯を食べる
・お酒が好き
・運動をほとんどしない
・階段を使わない
・すぐ息切れする

などの行動が当てはまる人は改善をした方が良いでしょう。

どうして便秘になるの?

ホルモンバランスの乱れによって便秘になるのは腸の蠕動運動が弱くなってしまうためです。特にプロゲステロンが増えると腸の運動が弱くなってしまうことがわかっています。そして蠕動運動が弱くなることでガスがたまりやすくなり、便秘になってしまいます。またホルモンバランスが乱れると精神的に不安定になり、イライラしてしまいます。このイライラが腸を緊張させ、便秘になってしまいます。
それ以外に季節の変わり目や生理前、妊娠中、更年期などホルモンバランスが乱れやすい時期があります。妊娠中に関しては子宮の動きがほとんどなくなることで腸の動きが鈍くなり、便秘になりやすくなります。

ホルモンバランスを整えて便秘を治そう

女性ホルモンを整えるにはまず良質な睡眠をとることです。
ホルモンは寝はじめて3時間にホルモンが分泌されやすいので寝はじめの3時間の質を上げるようにしましょう。またリラックスする時間を作ることも大切です。好きな音楽を聞いたり、好きな香りを部屋に漂わせてゆったりすることも大切です。まお腹を冷やさないこと、朝コップ1杯の水を飲むこと、決まった時間にトイレに行くと言った便秘対策ももちろん大切です。
女性の体はちょっとしたことでバランスを崩しやすいのでこまめにケアしたいですね。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る