ほうじ茶のすごい効能!便秘にまで効くってほんと?

ほうじ茶は万能のお茶!

みなさんはほうじ茶を飲みますか?最近はいろいろなお茶があり、どれを飲もうか迷ってしまいますね。そんな数あるお茶の中で今回ご紹介するお茶は「ほうじ茶」です。このほうじ茶には様々な効能がありますが、便秘にも効果があるって知っていましたか?ほうじ茶は知れば知るほど素晴らしい効能を持ったお茶なのです。

ほうじ茶の主な効能

ほうじ茶は緑茶を焙煎したもので、独特の香ばしさがありますよね。この香りはリラックス効果をもたらし、ストレスを軽減します。ストレスは腸内環境にも影響を及ぼすので便秘にも効果があるでしょう。
またほうじ茶には強い消臭効果があります。便秘による口臭予防などにも効果がありますね。またビタミンCやビタミンEなどのビタミン類、酸化防止、カテキンによるダイエット効果、インフルエンザ予防、高血糖、高血圧、動脈硬化の予防などがあり、また他のお茶に比べてカフェインが少ないため、カフェインが苦手な人も飲むことが可能です。
ほうじ茶は便秘に作用するというよりは毎日飲むことで少しづつ効果が出てくるものです。

ほうじ茶と便秘

ほうじ茶には腸を刺激するほどの高い便秘効果があるわけではありません。ですがほうじ茶を飲むことで水分補給が出来、またダイエット効果もありますので普段から飲んでおくと効果が少しづつ現れるでしょう。

ほうじ茶の上手な淹れ方

ほうじ茶にはカフェインが含まれています。一般的にいわれるカフェイン摂取量は1日300㎎が望ましいとされます。また妊婦や子供は1日100㎎とされます。そしてほうじ茶に含まれるカフェインはほうじ茶1杯で約30㎎ですのでカフェインが苦手ではないならたくさん飲んでも問題はないでしょう。
ほうじ茶の淹れ方ですがほうじ茶は高温で入れることで効果が高まりますので95℃~100℃ぐらいの熱湯で淹れましょう。またほうじ茶を淹れる前に茶葉を電子レンジで温めてから淹れてみましょう。こうすることで香ばしさが高まります。
また緑茶を自分で煎ることでほうじ茶を作ることもできます。出来立てですので香ばしさも引き立ちます。
またほうじ茶は料理に使うこともできます。鶏肉をほうじ茶と一緒に煮込むと肉が柔らかくなります。是非試してみてくださいね。
ほうじ茶というと他の健康茶に比べて効能がいまいちな印象がありますよね。ですが実際のほうじ茶には他のお茶にはない効能が隠されているのです。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる飲み物の関連記事

ページ上部へ戻る