ひどい便秘に悩んでいる場合はどのような症状があるのか

JE169_350A

ひどい便秘の症状まず便秘の一般的な症状である腹部膨満感は更にひどさを増します

便秘が3-4日続いている頃には腹部膨満感とはいってもお腹が少し張っているなというくらいだったのが便秘が1週間以上続くとお腹の張りが尋常ではなく、体が重くなったと感じるくらいという方も多いです。

便秘で死亡した女性の場合には腹部膨満感と腹痛が亡くなる直前には特にひどかったようです。

その他に腹痛も当然あります。

腹痛にしても腹部膨満感にしても便秘がひどくなればなるほど重みを増してくると感じる方が多いようです。

ひどい便秘の場合は肌荒れにも影響する

肌荒れにも影響する便秘もともと便秘で肌荒れが起きるのは腸内で生み出された有毒ガスが血液の中を通って皮膚にまで届き、皮膚細胞の正常な新陳代謝などを邪魔するからです。

有毒ガスの影響は便秘が長引けば長引くほどひどくなり、便秘原因で肌荒れで顔にいくつものニキビが出来たという方も少なくはありません。また、女性の場合はすぐに気づくのですがメイクのノリが明らかに変わってきます。肌がどこかカサカサして、メイクがノらない状態は便秘がひどいといつまでも続きます。

もし便秘が原因の肌荒れならば便秘を解消するしかありません。

そのほかにひどい便秘で見られる症状にはイライラ感などもあります。

便秘によってお腹が重い、腹痛がひどいなどの理由でもイライラしますし自律神経関連のものもあります。

腸内環境と自律神経はお互いに影響し合っているので腸内環境が悪ければ自律神経のスイッチの切り替えがうまくいかなくなり、またそれで腸内環境が悪くなってしまうこともあります。自律神経のスイッチの切り替えがうまくいかないと今度は精神的な症状も出てきます。

小さなことにもイライラしたり疲れやすくなるのはひどい便秘の症状でもあり自律神経のバランスが乱れている証拠でもあります。

ひどい便秘の症状にはめまい、肩こりなど一見すると便秘とは関係のない症状もあります。

便秘が肩こりや目眩などにも関係してくるこれは便秘になることで腸内を始めとした体のさまざまな場所での血流が滞ることから起きると考えられる現象です。

血流が悪くなるので起き上がろうとした時に血が回らなくて目の前が暗くなったりします。便秘で血流が悪くなって手足が冷える、肩こりがひどい、めまいがするときなどにはお風呂などに入ってゆっくりすることをお勧めします。風呂に入ることは副交感神経を優位にする働きもありますし全身の血液の流れをよくするにも一役買ってくれます。
肩こりや頭痛が特にひどいという場合には肩にレンジでチンしたタオルを乗せて様子を見てください。

肩に乗せるタイプのシートなども販売しているので購入して肩をよく温めるのも効果的な方法といえるでしょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る