便秘による弊害には何がある?

便秘による弊害には何がある?

便秘による弊害はたくさんある

まず、腸内に食べ物がどんどん蓄積されてしまうだけでなく、腐敗した食べ物から毒ガスが発生するため、腸がパンパンに膨張し、お腹がポッコリしたり、周囲の内臓器官を圧迫するために腹痛を起こすこともあります。また、毒ガスが消化器官を逆流することによって、胸やけや吐き気などの弊害もあります。なんとなく体調が悪くなって食欲をなくしてしまったりすることもあるようです。

肛門がきれて痔になってしまう弊害

薬に頼らずに自力で踏ん張って便秘解消することは大切なことなのですが、痔になってしまうと排便の際に痛みを感じてしまいます。また、慢性的な便秘が続くことで、大腸がんやポリープの原因になってしまうのも、大きな弊害と言えるでしょう。もしもスッキリできない状態が続き、排便のたびに血液や粘性の成分が一緒に出てくるような場合には、念のために病院で診察を受けることをおすすめします。

また、お通じの悪い場合には美容にも大きく影響します。
スッキリできない状態が続くと腸から発生された毒素は全身へと送られますが、肌細胞にも毒素が送られてしまいます。すると、肌はニキビなどの吹き出物ができやすくなったり、乾燥してカサカサになったり、くすんで透明感をなくしてしまうこともあります。便秘は健康面だけでなく美容面でも大きな弊害があるのです。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る