腹部膨満の原因は便秘にあった?解消法と対策

なぜ腹部膨満になってしまうのか?

腹部膨満を知っていますか?『膨満感』と聞くと、『知ってる!』という方も多いのではないでしょうか。腹部膨満は膨満感のことで、ひと言でいうと『お腹の張り』のことをいいます。症状はさまざまで、ガスが溜まっている・圧迫感がある・すぐに満腹になるなどが挙げられます。食べ過ぎたわけでもないのに、お腹が張って苦しいと感じる方は、膨満感になっているのかもしれません。原因はいくつかあります。

便秘になっている

腹部膨満でもっとも多い原因が『便秘』です。便秘になると腸内環境が崩れ、腐敗したガスが腸内にどんどん蓄積します。これによりガスが大量発生し、腸内環境を悪くしてしまいます。便秘になると外へガスを上手く排出することができませんから、膨満感になりやすいのでしょう。

早食いをしている

早食いも、膨満感の原因のひとつです。早食いは体内に空気を多く取り込み、消化不良を起こしてしまいます。これにより胃腸に負担がかかり、膨満感を起こしやすくなるといわれています。

膨満感を解消するには?

では、どうすれば腹部膨満を解消することができるのでしょうか?もっとも効果的な方法は、『食生活の見直し』です。先にも述べたように、早食いは膨満感を引き起こします。胃の消化機能も低下させますから、食べたものを消化することができず、どんどん胃の中に食べたものを溜めてしまいます。

また、朝食抜きや不規則な時間帯に食事をするなども、膨満感の原因になるため避けたほうが良いでしょう。食生活を見直すだけで、びっくりするくらい膨満感が解消されます。腹部膨満で悩んでいる方は、今すぐ食生活を見直してみましょう。1日3食、規則正しい食事を心がけ、暴飲暴食は避けるようにしてください。

膨満感にならないための対策法

食事内容を考える

きちんと食事をしていても、間違った食事をしていると、膨満感になりやすいでしょう。たとえば、でんぷん質の多い食品です。米やイモ類が代表的ですが、食べ過ぎると腸の中でガスを発生しやすくなり、膨満感の原因になります。他にも、アクの強い野菜や炭酸飲料などもNGです。もちろん適度に摂る程度であれば問題ありませんが、これらの食品を摂りすぎると膨満感になるので気をつけましょう。

運動を心がける

適度な運動も、膨満感の対策にピッタリです。腹筋は、加齢とともにどんどん衰えていきます。女性の場合、もともと腹筋が弱いですから、運動不足になると簡単に腹部膨満になってしまいます。ですから、適度な運動も必要不可欠。腹筋運動やストレッチでも、十分効果があります。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る