便秘のお腹の張りを解消するためには

ガス抜きマッサージをしよう

お腹の張りの正体はおなら

便秘でお腹が張っているという場合、便秘によってお腹に食物がたまっているということも原因のひとつですが、便秘になってしまったことによって、ガスが発生してしまい、お腹が張るということがあります。そのため、便秘を解消することができなくても、お腹のガス抜きを行うことによって、お腹の張りを多少なりとも解消することができます。そして、ガス抜きを行うことは、便秘を解消することにもつながります。それは、おならをしてガス抜きを行うことによって、腸内環境を整えることができるようになるからです。

しかし、いくら便秘であるとはいっても、いつでもどんなときでも、おならをすることができるというわけではありません。特に、外で仕事をしている方や、学校に通っている方は、いつでもどこでもおならをすることができるという状況にないと思います。したがって、便秘になりがちの方は、ガスを抜く時間を決めるようにするのがおすすめです。ベストな時間としては、朝起きてすぐの朝ごはんを食べる前です。この時間というのは、一番腸が活発になりやすい時なので、マッサージをすることによってすぐにおならが出やすいですし、排便も出やすくなります。

お腹を押さえるマッサージ

お腹を優しく押さえるマッサージをする方法として、大腸に沿って押さえていくというマッサージの方法があります。特に、大腸が曲がっている部分というのは、食物が溜まりやすい場所なので、そこを押さえていくマッサージが効果的です。まず、仰向けにねそべります。次に大腸を押さえていきます。押さえる順番としては、右側の骨盤の上を押さえた後、右側の肋骨の下を押さえます。その次に左側の肋骨の下を押さえて、左側の骨盤の上を押さえます。最後に、膀胱の上を押さえます。この順番で5回ずつ押さえていきます。大腸を押さえる場合には、腹式呼吸を意識して行い、息を吐く時に押さえるようにしましょう。妊娠中や腸に炎症がある場合には、行わないようにしましょう。

押さえずに腸を刺激するマッサージ

お腹を抑えなくてもできるマッサージとして、足を動かすマッサージがあります。ただ足を動かすだけなので、お腹を押さえるのは怖いという方でも簡単に行うことができます。このマッサージの方法としては、まずうつぶせにねそべり、膝を曲げます。両足のかかとの部分でお尻を軽く叩きます。これを右足と左足で交互に行うだけで、腸を刺激するマッサージをすることができます。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘の治し方の関連記事

ページ上部へ戻る