便秘を解消する牛乳の効果を知りたい

牛乳の成分が便秘解消になる

牛乳が便秘解消に良いというのはご存知の方も多いと思います。どんなに頑固な便秘でも、『牛乳を飲むとすぐにトイレに行きたくなる』という方が多いのは、実は牛乳に含まれている『成分』が関係しているといわれています。牛乳といえばカルシウムのイメージが強いですが、さまざまな栄養素がギュッと詰まっており、とても栄養価の高い食品なのです。では、便秘解消に良いといわれている成分とは一体何なのでしょうか?

オリゴ糖と乳糖がたっぷり含まれている

カルシウム以外にも、オリゴ糖や乳糖がたっぷり含まれています。オリゴ糖は、寡糖や小糖類と呼ばれており、ほんのり甘みのある糖類の一種です。腸内環境を整える効果があり、便秘解消として人気で、多くの健康食品に配合されています。特定保健用食品としても知られており、子供でも安心して摂ることができます。

乳糖も、糖類の一種です。腸の環境を整え、エネルギーとなって健康をサポートしてくれます。牛乳を飲んでお腹を壊すのは、この乳糖にあるといわれています。ラクターゼと呼ばれる消化酵素が乳糖を体内で分解し、吸収するためお腹を壊しやすくなるというわけです。

より効果的な牛乳の飲み方

ただ牛乳を飲むのではなく、飲み方を工夫することで便秘解消が期待できます。一般的に、便秘解消には冷たい牛乳が良いといわれていますが、胃腸が弱い人は腸が過度に反応し下痢になってしまう恐れがあります。せっかく便秘解消のために飲んでも、下痢になってしまっては意味がありません。では、どんな飲み方がベストなのでしょうか?

程良く温めてから飲もう

電子レンジや鍋で、人肌程度に温めてから飲むと、腸の過度な反応を抑え、下痢を防ぐことができます。また、牛乳を温めることでトリプトファンと呼ばれる成分と取り込むことができますから、一石二鳥です。自律神経を整え、ストレスによる便秘も解消してくれます。ちなみに、トリプトファンには安眠作用があることで知られています。

牛乳+○○でしっかり便秘解消

『牛乳が苦手』という方は、牛乳+○○がオススメ。飲みやすくなるだけでなく、便秘解消効果も高めてくれるので嬉しいことづくしです。便秘解消効果があり、牛乳と相性が良い食品は『きなこ』と『バナナ』です。きなこには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランス良く含まれており、牛乳とのWの効果で便意を促してくれます。バナナには、ビタミンB6が豊富に含まれています。牛乳に含まれているトリプトファンと合わさり、セロトニンを形成します。セロトニンが分泌されることで自律神経を整え、便秘解消に繋がるというわけです。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる飲み物の関連記事

ページ上部へ戻る