グミで便秘になるって本当?

グミで便秘になるって本当?

「グミを食べると便秘になる」と言う説があります。

大人だけでなく、小さな子供でも大好きなお菓子ですが、慢性的に便秘で悩まされている人は、この美味しいスイーツの食べすぎには気を付けたほうが良いようです。フルーツ成分で作られているグミには、ビタミン成分はたっぷりと含まれていますが、同時に糖分も多く含んでいるので、腸に入ると悪玉菌となって毒素を発生してしまいます。

しかも、このお菓子はよく噛まなければ呑み込めないので、よく噛んでいるうちに満腹中枢が刺激され、満腹感を得るので、食事の時間になってもあまりお腹がすいていないという事態になりかねません。腸内の悪玉菌が増えて、通常の食事をせずに栄養バランスが崩れてしまうと、それは便秘になる要素のオンパレードですから、普段便秘にならない人でもスッキリできなくなってしまうことも多いのです。

大人よりも子供に多いと言われています

小さな子供のおやつとしても大人気の食品ですが、たくさん食べると腸内で糖分が溶けますが、そこで即効スッキリできれば問題ありません。しかし、お腹がすいていないと食事をしなかったりすると腸内の物質が乾燥して硬くなってしまい、グミも硬く乾燥して塊になってしまいます。そうすると、体力のない小さな子供では、踏ん張っても自力で出せなくなってしまうのです。

グミが大好きな人で慢性的にスッキリできない人は、くれぐれも食べすぎには注意しましょう。ついついおいしくて食べすぎる場合には、グミと食感が良く似ている寒天ゼリーを食べるという方法もおすすめです。寒天なら食物繊維が豊富なので、スッキリできる腸内環境へと改善できます。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる食べ物の関連記事

ページ上部へ戻る