便秘による腹痛を治す

JJ139_350A

便秘による腹痛を治すにはまずどんな便秘なのかを見極めなければいけません。

便秘の原因をつきとめる便秘による腹痛が起きる原因は様々です。

まず腹痛が起きる原因として、ガスが溜まることで便秘による腹痛が起きている場合ごあります。
腹痛を防ぐためにはガスを溜めないようにしなければなりません。

例えば豆は便秘解消もも含めて体にいい食べ物として知られていますが実はガスを発生させやすいというデメリットを持っています。豆を食べるときにガスを発生させないためには豆を水に一晩つけておくのが有効です。

また、意外に知られてないのですが、ビタミン豊富な果物は実は消化されにくい、ガスが発生しやすい食べ物でもあります。ただしこれは食後に果物を摂取した場合です。朝一番でフルーツを食べるなど食べ方によってはまったく問題になりません。

ガスを発生させやすい食べ物かどうかの見分け方のひとつが繊維が豊富かどうかということです。

食物繊維が豊富な食材かを確認しよう
例えば穀物の中でも全粒粉は繊維が豊富ですし、果物の場合も繊維が豊富です。

食物に含まれる食物繊維が豊富なのは便秘に対して悪いことではありませんが摂取のし過ぎはガスで腹痛を引き起こす原因にもなるということをよく覚えておきましょう。

また、炭酸飲料などはガスそのものといってもいいくらいなのでガスで腹痛がひどいときには飲まないでください。

ガス以外で便秘による腹痛が起きるとすれば痙攣性便秘や過敏性腸症候群の可能性が高いです。

これらの便秘では弛緩性便秘とは違って腸自体は動いているのが特徴です。むしろ腸が小刻みに痙攣して便を出せないのが問題で、ガスで腹痛を引き起こしているときよりも更に食物繊維に注意しなければなりません。

痙攣性便秘や過敏性腸症候群での腹痛の際に食物繊維を摂取するとさらに腸を刺激するのでますます腹痛がひどくなります。

食物繊維を摂取することが便秘解消と言われますが、症状によっては異なるため注意が必要です。

痙攣性便秘や過敏性腸症候群はストレスとのかかわりが深い

img039これらの便秘が原因で起きる腹痛を治すためにはストレスの解消が重要です。

具体的なストレス解消法は人によって違いますが、腹痛を治すためのストレス解消としては何と言っても十分な睡眠を取ることが重要です。多くの人間にとって健康でいられる睡眠時間は6-8時間と言われています。

適正な睡眠時間は個人差もありますが、少なくとも5時間は眠るようにしておくと健康が確保できますので眠る時間をしっかり取りましょう。

便秘での腹痛があまりにもひどいときは腹痛を治すために内科に行くのもありです。

普段から便秘で病院にかかっているならその病院へ、そうでなければかかりつけの内科に相談してください。また、家で休む場合は仰向けになるよりも仰向けになった状態から軽く膝を折っておいた方が腹痛を緩和させることができるのでお勧めです。

足を曲げている体制でリラックスできないと感じる場合は膝の下にクッションなどを入れておくと簡単に足が曲がった状態を保つことが可能です。

腹痛が起きることは体に何らかの危険信号を出していると考えるべきです。もしその原因が便秘である可能性が高いのであれば、病院で相談して見てはいかがでしょうか。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘の治し方の関連記事

ページ上部へ戻る