ファイブミニは便秘解消に効果があるのか

ファイブミニで便秘を解消しよう

大塚製薬から長年販売されているファイブミニですが、便秘を解消するのに効果があると耳にしたことはありませんか。便秘を抱えている方にとって、解消することができる方法があるのなら、ぜひ実践してみたいところだと思います。

ファイブミニに含まれている便秘に効く成分

『レタス1.8個分の食物繊維、レモン15個分のビタミンC』をキャッチコピーとしているファイブミニには、便秘に効果がある成分が2つ含まれています。1つ目は、食物繊維です。レタス1.8個分とキャッチコピーで謳っているだけあって、ファイブミニ1本あたり6グラムの食物繊維が含まれています。1日に必要な食物繊維は、男性が19グラム、女性が17グラムなので、ファイブミニを1本飲むだけで、多くの食物繊維を摂取することができるというのが分かります。また、ファイブミニに含まれている食物繊維は、水溶性の食物繊維であることから、お通じを良くしてくれる効果が大きく期待することができます。

2つ目は、オリゴ糖です。オリゴ糖は、腸内環境を整えるために、必要な成分のひとつです。腸内環境を整えることは、スムーズな排便を促すために必要なことです。オリゴ糖は、腸内環境を整えてくれる善玉菌のエサになるので、オリゴ糖を摂取することによって、善玉菌を増やすことができます。便秘になってしまうと、老廃物からガスが発生してしまうので、どうしても悪玉菌が増えがちです。そこで、オリゴ糖を摂取して善玉菌を増やすことによって、腸内菌のバランスを整えることができます。

ファイブミニはいつ飲んだらいいの

ファイブミニは、1日1本を自分の好きな時間に飲んで良いドリンクです。ただし、糖質が多く含まれているので、あまりに多くの本数を飲んでしまうと血糖値が上昇してしまうので、必ず1日1本までにしておきましょう。

好きな時間に飲んだらよいとしましたが、ファイブミニを飲んでから便意を感じることができるまで、早い人で24時間後、遅い人で72時間後となっています。そのため、個人差が大きくあるので、毎日1本のファイブミニを飲んでみて、自分がどれくらいで便意を感じることができるようになっているか、分かった上でどの時間に飲むのか調整すると良いでしょう。人によっては、トイレに行くことができない時間に限って、便意を感じる場合があります。したがって、ファイブミニを飲んでどれくらいの時間で便意を感じるかを分かっていることによって、トイレに行ける時間から逆算してファイブミニを飲めば、トイレに行く時間を確保することができます。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる飲み物の関連記事

ページ上部へ戻る