うんちが出ない理由は一体何?乳酸菌が効かないって本当?

うんちが出ない理由はここにあり!

硬くコロコロしたうんちや何週間も出てくれないうんち、便秘にもいろんな症状があります。

大きく分けると3つ。
『食生活』『運動不足』『ストレス』が挙げられます。皆さんは、どんな食生活を送っていますか?よく食べるのはとても健康的ですが、ただ食べるだけでは頑固なうんちは出てくれません。

たとえば、動物性たんぱく質を過剰に摂取していませんか?
動物性たんぱく質とは、肉や魚、卵などに多く含まれています。これらは、血液や筋肉を作るのには適していますが、便秘を解消するには不向きです。また動物性たんぱく質は、悪玉菌を増やし腸内環境を乱してしまいます。適度であれば栄養になりますが、摂りすぎは便秘を引き起こします。

また、食物繊維や水分不足なども、うんちが出ない原因になります。

食物繊維は腸内の老廃物を排出する働きがあり、コレステロール値を下げるといわれています。水分不足になると、大腸に溜まったうんちはどんどん硬くなります。硬くなったうんちは、当然排便が困難になり便秘を引き起こしてしまいます。

乳酸菌なら解消できる?

便秘といえば乳酸菌を思い浮かべる方も多いと思います。乳酸菌はヨーグルトの原材料として知られており、腸内の有用菌を増やすことができます。さらに、腸の運動を促進し、悪玉菌を抑制する効果も期待できます。そのため、便秘になると乳酸菌が良いという人が多いのでしょう。でも、本当に乳酸菌で便秘を解消することはできるのでしょうか?

便秘の種類によってはNG

便秘解消に良いといわれている乳酸菌ですが、便秘の種類によってはNGといわれています。

便秘には、『弛緩性』と『痙攣性』『直腸性』の大きく3つに分類されます。このなかで、乳酸菌で解消できる便秘は『弛緩性』。それ以外の便秘は、どんなに乳酸菌を摂っても『便秘解消!』というほどスッキリしないといわれています。もちろん効果ゼロというわけではありませんが、弛緩性便秘にオススメです。

乳酸菌にも種類がある

ひと口に乳酸菌といってもさまざまです。そのため、なかには『生きて腸まで届かない乳酸菌』も存在します。便秘を解消するには、生きて腸まで届くことが重要になります。また、胃酸や消化液などに強いこともポイントでしょう。

乳酸菌との相性は大丈夫?

たとえ乳酸菌が生きて腸まで届いても、腸内環境が悪いとせっかくの乳酸菌も台無しです。
また、そのまま外へ出てしまいます。ですから、乳酸菌の効果を高めるためには、『相性の良いもの』を選ぶことも重要になります。実際に摂取し、自分と相性の良い乳酸菌を見つけましょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる飲み物の関連記事

ページ上部へ戻る