直腸性便秘はどのような原因でどのような症状があるの?

直腸性便秘とは

直腸性便秘とは、肛門の機能障害などが原因となり、便自体は直腸まで正常に運ばれているものの、上手に排便ができない状態を指します。直腸性便秘の原因は様々なのですが、一体どのようなものなのか、自分に該当するかどうか、チェックしてみてください。

直腸性便秘の症状と原因、改善策とは

直腸性便秘の主な症状とは

直腸性便秘の大きな特徴の一つとして、便意をあまり感じないということが挙げられます。

通常、便が直腸に届くと直腸の神経が刺激されることによって、それが大脳へと伝わり、便意を感じます。しかしながら、直腸性便秘の場合は肛門に便が到達していても、センサーが弱まっているので、便意が感じにくくなります。直腸に便が長くとどまっていると、水分が奪われて便が硬くなり、余計に排便が困難となります。さらに排便時に痛みや違和感がある場合も多々あります。

痔などが原因で、うまく排便ができないと便秘になりやすくなります。そして上手にいきめなかったり、排便をすることに時間がかかる方も多いかもしれません。便が硬く、便秘になってしまう場合、ますます悪化がしやすくなります。

直腸性便秘の主な原因とは

普段から便意を感じても我慢をしていると、直腸性便秘になりやすくなるので、注意が必要です。

職場などでなかなかトイレに行けない場合など、どうしても便意を我慢しやすくなるのですが、直腸性便秘の原因となるので、便意を感じたらすぐにトイレに行くのが望ましいでしょう。そして痔や直腸瘤など、肛門付近に何か問題があると、排便時に痛みを感じやすいので、つい排便を我慢してしまうことがあります。

排便回数をできるだけ少なくしようとすると、我慢の結果として、直腸性便秘となります。また老化が原因で直腸性便秘になることがあります。寝たきりになったりすると、神経が鈍くなり、便意を感じにくくなります。

直腸性便秘予防と改善策について

直腸性便秘を予防したり、その改善をするための最も簡単な方法が、便意を我慢しないという方法です。
便意を感じたら、必ずトイレへ行き、できるだけ朝の時間に排便を済ませる習慣をつけましょう。そのために、少し早めに朝は起床をして、朝ごはんをしっかりと食べて、排便を済ませてから学校や会社に行くことがおすすめです。規則正しい生活習慣を身に着けるということもとても大切で、食生活はもちろんですが、適度な運動やストレスを溜めないように生活しましょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る