便秘の治療を行う科には肛門科、内科、胃腸科、消化器科などがある

GR196_350A

便秘の治療を行う科には肛門科、内科、胃腸科、消化器科などがある

たくさんありすぎて何科に行けばいいかと悩む方も多いかと思います。では、どのような場合に便秘の治療科が異なるかを見ていきます。

まずは習慣性便秘の場合です。
習慣性便秘は便秘の中でも最もメジャーな存在で、食生活や運動習慣が原因となって便秘が引き起こされているものです。

便秘になったときはまず食事を見直すという方が多いと思いますが、便は食事の残りカスから出来ているので食事とは関わりが深いのです。

習慣性便秘の治療は内科、胃腸科、消化器科などで行われます。
最初に行った診療科でそのまま習慣性便秘の治療をするのがよくあるパターンですので最初に何科を選ぶかで治療の科も異なります。

症候性便秘の場合はその病気によって治療科が異なる

便秘の原因が痔による不快感、痔が大きくなって便が通るときにひどい痛みを生じるため、となればそれは一種の症候性便秘です。便秘を解消するには痔を治すことから始める必要があります。

痔を治すために肛門科で治療します。

消化器科では胃腸から膵臓、胆嚢まで幅広い範囲の病気の治療を行っています。

消化器科は正確に分けると消化器外科と消化器内科に分かれています。
外科は手術を必要とする場合に対応、内科は服薬での治療に対応していますが両方を必要とする病気もあります。

消化器科と非常に近い存在と言われるのが胃腸内科

胃腸内科でも症候性便秘の治療は行いますが、膵臓や胆嚢など消化器の病気について胃腸内科は専門の診療科ではありません。

胃腸内科よりも消化器科の方がその範囲が広いと考えてください。
また、標榜はかなりあいまいになっており内科と標榜していて消化器の病気に関しても取り扱えるという医師もいます。
病院に行く前には医師の研究内容や専攻をチェックするようにしてください。今の時代はインターネットで調べれば病院の特徴から口コミ評判まで簡単に出てきます。口コミ評判に関しては全てを信じることは良くありませんが、参考にはなると思います。

消化器科で便秘を治療するときには症候性便秘の普通の治療と同じでまずは病気のほうを治します。
対象となる病気には膵臓がんから胆管炎までさまざまな病気がありますがそれぞれに適した治療を行いながら便秘の解消も行っていきます。

習慣性の便秘がある程度混じっていることも考えられなくはありません。

習慣性の便秘とも関わっている、食生活の乱れなどもあったという場合はそこの改善も必須です。便秘の原因となっているのは毎日の食生活や運動不足だと言われています。

病気の治療をしながら改めて健康というものを考える上でも食事の改善、運動習慣の取り入れは必須といえるでしょう。
ただし食べてはいけないものやしてはいけない運動など医師からの指示があった場合はしたがってください。

服薬治療が始まるときに食べるには注意した方がよいものや生活習慣があるかどうかを医師に一度確認してメモを取り、わかりやすい場所に張り付けておくとよいでしょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

病院で便秘解消の関連記事

ページ上部へ戻る