便秘は何科を受診するべきか。症状によって異なる受診科

便秘は何科を受信するべきか便秘で何科に行くか悩んだら、初診について言うなら内科系列の診療科が望ましいと言えます。

便秘の問題は外からの傷によっておこっているとは考えにくく、大半の便秘は内科的問題から引き起こされているので内科受診でOKです。ご存知のとおり、内科系の診療科の中でも最も診療範囲が広いのは内科です。かかりつけの内科があるという方も多いので便秘は何科を受診したらよいかと悩んでいる場合はまず最初に内科の受診をお勧めします。

特に今までの自分の既往歴を知っているかかりつけ医であればある程度信頼関係も築けているはずですしお勧めです。

内科以外でも内科系列の診療科で便秘の治療や診断を受けられる診療科があります。

内科以外でも便秘症状を見てくれる代表的なのは胃腸内科や消化器内科です。

胃腸内科は胃腸に関して、消化器内科は胃腸と消化器に関しての病気を取り扱っている診療科となっています。胃腸内科、消化器内科と内科の標榜はあいまいになっている場合も多いので必ずしも胃腸内科や消化器内科の方が専門的ということではありません。それぞれの病院によって違う方針や医師の質などを見極める必要性が出てきます。

消化器内科には消化器外科が併設されていることもあり、その場合の標榜は消化器科となる場合もあります。

便秘の受診は内科系列の診療科で行いますが場合によっては外科の力が必要なこともあります。

便秘の受診は内科系列の診療科で行います外科の病院が必要になるのは便秘を治療していく中で手術が必要となった場合などです。

一般的には便秘の治療で手術が必要なことは少ないのですが背後に病気が隠れているタイプの症候性便秘では腫瘍を取り除いたり腸との癒着をはがすために手術を行うこともあります。症候性便秘では便秘の原因となる病気が治れば便秘も自然に治ることが多いです。

よほどの重症でない限り手術を必要としないのは習慣性便秘の方です。
習慣性便秘は日常習慣が原因で引き起こされていると考えられるので手術で対応したり薬で対応するよりもまずは日常生活を見直すことのほうが先なのです。

日常生活を見直すとはいってもひとりでは難しいと思うこともあるはずです。

便秘のための専門外来である便秘科、もしくは便秘外来に行くと詳しい生活上の注意などを受けられるので便秘に長いこと悩んでいる、どんなふうに日常生活を送ればよいのかわからないという方は便秘外来を受診してみるのも良いでしょう。

便秘外来は便秘の専門科ということで検査においても内科や胃腸内科よりも詳しいというメリットがある一方で、予約制でなかなか予約が取れないというデメリットも持っています。
全国に100ほど便秘外来はあるのでお近くの便秘外来を探して一度問い合わせてみるのもよいかもしれません。

様々な病院で便秘治療に対応しているということで便秘になったときに何科にいけばよいのか迷うかもしれません。基本的には内科に行けば治療してくれますし、正しい科を教えてくれます。

なので便秘になったときに何科にいけばよいか迷ったら、ぜひ内科に行ってみてください。

便秘解消が即効できる商品ランキング

病院で便秘解消の関連記事

ページ上部へ戻る