便秘の病院での一般的な治療方法は薬の処方

JU045_350A

病院で便秘を治療するときに手術をする例はまれで、ほとんどが薬を使った便秘治療となります。
もし便秘が原因で手術を行う場合は背後に便秘の原因となる病気が隠れていて、病気の治療のために手術を行うことが多いです。

例えば若い女性にもみられやすい子宮の病気として子宮筋腫があります。この子宮筋腫は女性の5人に1人の割合でいると言われていますが、この子宮筋腫が大きければ手術で取り除くこともあります。習慣性便秘などの場合は手術を治療とする場合はほとんどなく、基本的には生活習慣(食事や飲み物、運動など)の改善で便秘の治療を行います。

便秘の治療で処方される薬は下剤が主

下剤で便秘対策
市販の下剤の多くは腸に刺激を与えて動かすことで便を出しますが、病院の便秘解消薬は刺激を与えるだけではありません。
診断の結果から便秘の原因となるものを予測して薬を出すので、刺激を与えるタイプの薬が合わない方でも服用できる薬などもあります。

例えば痙攣性便秘の場合は神経の緊張から来ていると考えられるので便秘薬で腸を刺激するよりも自律神経のうちリラックスを司っている副交感神経を優位にする薬を用いた方がよいと言えます。
このように担当の先生がそれぞれの症状や便秘の状態に合わせて薬を処方してもらえます。

自分の便秘症状に合わせて最適な薬を処方してもらえるのも病院に行くメリットではないでしょうか。

便秘の専門外来に行くとさらに治療は詳しく、個人に合ったものとなります。

便秘外来なら専門的に見てくれる
便秘で悩む人は多く、人気の便秘外来ともなれば1年以上予約待ちとなる場合も少なくはない便秘外来。
便秘外来の人気の秘密はその専門性の高さと詳細な検査、そこから内科や胃腸内科よりもさらに詳しく便秘の状態を調べて適切な治療を受けられるということです。

専門外来では泊りがけの検査を行って腸がどんな形で体の中に納まっているか、どのような点を改善すれば便秘を解消できるかを詳しくて教えてくれます。

もちろん一般的な内科でも便秘治療を行うことも出来ますが、専門的な治療を受けて便秘を治したいと思うのであれば便秘外来に行くのも良いかもしれません。

評判の良い便秘外来、最寄りの便秘外来もインターネットで簡単に調べることができますので、ぜひ一度調べられてみてください。

便秘の治療は病院で行うと服薬が中心ではありますが、日常生活の改善も忘れてはいけない

せっかく病院で便秘を改善したとしても、食事や運動にある程度注意し続けないとまた便秘になってしまうこともありますので十分に注意してください。
食物繊維を含んだ食品を摂取することや、水分の適度な摂取、適切な運動習慣は便秘以外の体の不調にも有効です。

毎日の生活習慣を気をつけることで、便秘になりにくい体質へと変わっていきます。
薬などに頼れば即効で便秘を解消することも可能ですが、やっぱり便秘になりにくい体質を目指すべきでしょう。

便秘の治療を行うときには生活習慣の改善も大事ですが一朝一夕で生活習慣の改善が出来る人はいません。

生活習慣の改善は難しい
生活習慣の改善と簡単に言っても、長年積み重ねてきた生活習慣を変えるためにはまず1つ1つ階段を上っていく気持ちで変えることが大切です。

一つの生活習慣を変えて新しい生活習慣を組みこんだらまたひとつ変えていくといったような形です。少しずつでも構わないので意識して改善して行くようにしましょう。

最も最初に変えるべき生活習慣なのは便秘の方の場合は食生活といえるでしょう。
とりあえず自分の食生活の記録をつけてそこから必要な栄養素を摂取できているかどうかをチェックしてみてください。
足りないものがわかったら不必要なものを削って足りないものを足していくだけです。

便秘に効果がある栄養素はたくさんあります。毎日のの食卓に並べれようになれば、便秘解消は目前です。

便秘解消が即効できる商品ランキング

病院で便秘解消の関連記事

ページ上部へ戻る