ぶどうで便秘を解消する方法

ぶどうで便秘を解消する方法

便秘解消効果があることで知られています。

慢性的に便秘になりやすい人なら毎日でも食べたい食材なのですが、食べ方には注意が必要です。間違った食べ方でぶどうを食べると、便秘が即効で解消できるのを通り越して、ひどい下痢になってしまうことも考えられます。

水や牛乳などと合わせてぶどうを食べるのは控えたほうが良いでしょう。

この食材はそれだけで便秘解消効果があるので、他にもスッキリできる食材と合わせてしまうと、腸の蠕動運動が活性化されすぎてしまい、下痢を起こしてしまうことが考えられます。
人によっては下痢だけでなく嘔吐などの症状が出てしまうこともあるので気を付けましょう。まったく水を飲んではいけないというわけではないので、コップ一杯程度の水なら問題ありません。ただし、牛乳と一緒に食べると、牛乳に含まれている成分とぶどうの成分の反応によって胃にダメージを受けやすくなってしまいます。気をつけてくださいね。

種や皮はできるだけ食べないほうが良いでしょう。

種や皮には渋み成分であるタンニンがたっぷり含まれていることが多く、消化を妨げる作用を持つタンニンの働きによってスッキリしにくい腸内環境になってしまいます。また、皮や種を食べることでお腹が張ってしまうこともあるので、慢性的にスッキリできない人にとっては、お腹がさらにパンパンに張ってしまう原因にもなります。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる食べ物の関連記事

ページ上部へ戻る