便秘による膨満感を対策するためには

便秘からくる膨満感を対策するための4つの方法

便秘になるとどうして膨満感があるのか

便秘になると、いつも膨満感に苦しまされるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。膨満感とは、お腹が張って痛いことをいいます。お腹が張ると、何をするにもお腹が苦しくなってしまうので、非常につらいと思います。便秘になってしまうと、腸に老廃物からたまり、そこからガスが発生します。このガスがいわゆるおならなのですが、おならがたくさん発生してしまい、外に出ることができなくなってしまうことによって、膨満感に襲われます。そこで、便秘からくる膨満感を対策するための4つの方法があります。

食事をとるときはよく噛んで腹八分目におさえる

便秘による膨満感があるとき、最もお腹の張りを感じるのは、食事をするときではないでしょうか。元々お腹が張っているのに、そこに食事をして食べ物を入れるので、より膨満感があります。便秘による膨満感がある場合には、空気をなるべく飲み込まないようにするため、早食いにならないようによく噛んで食べましょう。また、腹八分目におさえることによって、消化不良を防ぐことができ、膨満感の増加を対策することができます。

炭酸系の飲み物を飲まない

便秘による膨満感がある場合、炭酸系の飲み物を飲むとよりお腹がはるのを感じてしまいます。便秘でお腹が張っていないときに炭酸系の飲み物を飲むと、お腹がいっぱいになるのを感じませんか。したがって、できるだけ炭酸系の飲み物を飲まないことによって、お腹が張るのを対策することができます。

ワンサイズ大きい洋服を着る

便秘によって膨満感があるという場合、それによってウエストも通常より大きくなってしまっています。それなのにいつもと変わらない洋服を着てしまうと、よりお腹の張りを感じてしまい、苦しくなってしまいます。わざわざワンサイズウエストの大きい洋服を買う必要はありませんが、調節できるものは調節し、ウエストがゴムになっているものを着用するなどして、お腹周りを締め付けないようにしましょう。ベルトをする方は、通常よりもワンサイズ大きいところで止めるようにしましょう。

便秘を解消する

便秘になっていることによって膨満感があるという場合、そもそもの便秘を解消しないと膨満感は続いたままです。したがって、便秘を解消することができるように、その対策をとることが、膨満感を和らげる最大の方法です。便秘を解消するためには、水分を多くとって適度な運動をすることが大切です。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘の治し方の関連記事

ページ上部へ戻る