ブラックコーヒーで便秘解消できるというのは本当か

コーヒーが便秘に与える影響

コーヒーで便秘は改善するのか、悪化するのか

友人が、カフェでブラックコーヒーを注文していました。その子はブラックコーヒーなんて飲んでいなかったので、どういう心境の変化があったのか尋ねてみると、ブラックコーヒーが便秘解消にいいと聞いたとのことでした。それを聞いた私は、この子は変な情報に騙されているんじゃないかなと思ってしまったのです。私は逆に、コーヒーを飲むと便秘になってしまうと聞いたことがあったので、ちょっと信じられませんでした。けれども私の情報も間違いなく合っているとは断言できないものだったので、コーヒーが便秘によいか悪いかを調べることにしました。

便秘を悪化させることも

まずコーヒーが便秘を酷くすると言われる理由ですが、コーヒーに含まれているクロロゲン酸が1つ目の理由です。クロロゲン酸はポリフェノールの一種なので、体にとっては決して悪い成分ではありません。しかし、胃腸の働きを抑えてしまう効果も持っているので、胃腸の働きが鈍っている弛緩性便秘の人にとってはさらに症状を悪化させる原因になります。もっとも、コーヒーにはそこまでクロロゲン酸が多く含まれているわけではないので、飲み過ぎなければ問題はないでしょう。そしてもう1つの便秘によくない理由は、コーヒーが持っている利尿作用による水分不足です。コーヒーには利尿作用があるのでトイレが近くなりやすく、そのせいで水分が不足して便秘を促すこともあります。

便秘改善の効果もある

一方でコーヒーにはよい点も多く、カフェインは胃を活発にさせる効果や大腸の収縮を促す効果があり、コーヒーを朝に飲むと便通が起きるという人も多いようです。また、便秘の改善効果が期待できるオリゴ糖がコーヒーには含まれているので、これも便秘によいと言われる理由です。便秘によい点、よくない点の両方が出てきましたが、全体的によくない点の方はそれほど気にしなくてよいでしょう。コーヒーの飲み過ぎは逆効果ですが、基本的にはコーヒーを飲むと便秘が改善されると考えられます。ブラックコーヒーでも便秘改善の効果は期待できますが、オリゴ糖を加えて飲むとより効果的です。善玉菌の餌になるオリゴ糖は便秘に効果的なので、コーヒーと合わせて飲むのがよいと思います。朝起きて何を飲むかは人によって違いますが、便秘に悩んでいる人は腸を活発に動かすために飲み物をコーヒーに代えてみるのも手です。カロリーをそれほど気にしなくてもよいなら、オリゴ糖以外にミルクなどの乳製品をコーヒーに入れてみるのもよいでしょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる食べ物の関連記事

ページ上部へ戻る