便秘を治したいと思った時には便秘の原因を探ることから

JL052_350A

便秘を治したいと思った時には便秘の原因を探るのがまず初めにやるべきこと

便秘の原因を探ろう便秘の中には器質性便秘と機能性便秘という2種類の便秘があります。

器質性便秘は大腸や腸内に何らかの問題があるため便が出せない状態、機能性便秘は大腸や腸内の問題ではなく便を出す筋肉が働いていないという問題です。

機能性便秘は更に詳しくいくつかに分かれていますがその代表と言えるのが症候性便秘と習慣性便秘の2種類です。症候性便秘は病気によって引き起こされる便秘で、習慣性便秘は日常生活の習慣が原因となって引き起こされる便秘です。

症候性便秘と器質性便秘は自分で解消することは難しいので、医学的な治療が必要です。病院に行けば頑固な便秘が即効で治るでしょう。

病院で検査するのが最も早い方法

病院はまず内科に行ってみて、さらに詳しい検査が必要ということになれば紹介で消化器科や肛門科を訪れることもあります。

器質性便秘、症候性便秘の原因となっている病気や体の問題が解決されてもまだ便秘が続く場合は習慣性便秘に移行している可能性があります。

習慣性便秘で便秘を治したいのであれば今度は日常生活を見直してみましょう。

便秘を治すために日常生活の見直しをしよう便秘は食生活や睡眠習慣、運動習慣が正しければ滅多なことでは発症しません。

特に便秘と関係が深い習慣といえば食習慣です。食習慣では不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の摂取、便を柔らかくするための水分の摂取、ビタミン類の適切な摂取が欠かせません。

まずは野菜や果物をどれくらい摂取しているかを考えてみましょう。1日に両手の手のひら一杯の野菜を食べるくらいで大体栄養は手に入ると言われていますがそれくらい摂取できているでしょうか。

野菜の量を増やすのは便秘を治したいと思った時にまず実践する人が多い方法です。健康的な食事をして、食物繊維をたっぷり摂取するだけでも効果は抜群です。

睡眠時間に関しては何時間が便秘のためによいとは決まっていない

ただ、消化吸収された食べ物は寝ている間に便になりますのでまったく寝ていないと便が出来ずに中途半端に食べ物が胃腸の中に存在することになります。

あとで便が作られても寝ている間に作られた便とは違って排出しにくいこともあるので寝ない、という選択肢だけは除外してください。
一般的に健康のために良いと言われているのは6時間以上の睡眠です。便秘だけではなく、健康状態が大きく崩れますので、睡眠はしっかりとりましょう。

便秘を治したい方には運動習慣をつけることもお勧めしています。

運動習慣をつけましょう便秘のために良い運動は無酸素運動・有酸素運動の両方です。

有酸素運動では全身を程よく刺激して便が出やすい腸を作ってくれますし、無酸素運動で腹筋を作れば腸を押し出す力がつくのでいきみやすいというメリットが生まれます。

普段から運動不足だなと思っている方はこの期に便秘を治すために腹筋運動やウォーキングなどで運動習慣をつけてみるのもよいでしょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘の治し方の関連記事

ページ上部へ戻る