便秘は何科?と疑問を持った方は多い

JU112_350A

便秘は何科?と疑問を持った方は多いようで、インターネット上で調べても便秘で病院に行きたいが何科にいけばよいかわからないとの声もあります。

実際に便秘は何科で診療するかというとさまざまな科で便秘に対応しています。
というのも便秘の原因は何かわからない場合が多いので、検査の結果によって病気が判明すればその診療科での治療となりますし、特に異常がなければ最初に診察を受けた科でそのまま治療することが多いです。

便秘は何科で診療する?

便秘は器質性便秘、機能性便秘の2つに分かれています。

器質性便秘の場合は病気によって大腸の形がおかしい、大腸に傷やできものがあるなど胃腸機能に問題はないのに起きている病気です。
次に機能性便秘は大腸の形がおかしかったりはしないものの何らかの原因で胃腸機能が乱れているということです。
便が正しく作られなかったり便を送り出す能力に欠けていたりと様々です。機能性便秘は更に細かく習慣性便秘と症候性便秘に分かれています。

症候性便秘は子宮や腸の病気によって起きる便秘、習慣性便秘は食べ物や運動習慣などの生活習慣によって起きる便秘です。

その他の機能性便秘もありますが大まかな部分では症候性便秘と習慣性便秘を覚えておきましょう。

器質性便秘の治療には原因となった部分の手術なども必要なので消化器外科で治療を行うことがある

一方で機能性便秘の場合は外科的手術を必要とするのは症候性便秘の原因となる一部の病気だけでその他の多くの機能性便秘は内科的治療を施します。
これだけ見ても便秘の治療科が多岐にわたっていることがわかると思います。

ただ、最初に病院に行くときには自分が器質性便秘なのか機能性便秘なのかはわからないと思います。
そのため、便秘は何科?という質問の意味が最初に受診するのは何科が適切かという意味であれば内科、胃腸内科、消化器内科、便秘外来のいずれかをお勧めします。

内科は非常に幅広い疾患を取り扱っている診療科で、まずは内科で検査してみるという方が多い

便秘の他に胃腸がちょっとおかしいなと思う場合は胃腸内科か消化器内科で診察を受けるとよいでしょう。
便秘外来の場合は胃腸の病気の知識だけではなく便秘に関する専門的な知識を持った医師がいますので習慣性便秘の治療には特に強みがあります。
ただし、便秘外来の場合は予約待ちというところが多いので今すぐ便秘をどうにかしたいという人向きではありません。
内科、胃腸内科、消化器内科、便秘外来など診察を受けたところでそのまま治療する場合もありますが、ケースによっては肛門科や心療内科などこれらの科とは異なる診療科で本格的な治療を受けることも考えられます。

便秘解消が即効できる商品ランキング

病院で便秘解消の関連記事

ページ上部へ戻る