便秘治療を病院ですることになる場合

JU130_350A

便秘治療は病院がおすすめ便秘がひどいとき、便秘を根本的にどうにかしたいとき、食物繊維を摂取しているのに便秘がなかなか良くならない時などには病院を受診するのもありです。

便秘で受診するなんて、と思うかもしれませんが実際には便秘で病院を受診する人も多くいますし便秘は立派な体の不調ですから病院での治療を受けることを戸惑う必要はありません。

むしろ便秘を放っておいて後から大きな病気がわかるというのも大変ですので便秘でお腹が痛い、腹部膨満感がひどいというときには病院を受診してみましょう。
便秘での病院受診は内科や胃腸内科でOKです。

便秘治療を病院ですることになる場合

便秘治療を病院ですることになる場合どのような治療でどれくらいの治療期間かと気になる方も多いはずです。

便秘治療とは言っても原因が分からない限りは対症療法となりますので治療期間もまちまちです。即効で治る人もいれば、症状によっては時間がかかる場合もあります。

便秘の原因がわかったと仮定して便秘治療の方法と期間を見ていきます。便秘の原因が病気である症候性便秘の場合には治療期間は病気の治療が終了するまでです。

便秘の原因が卵巣がんやすい臓がんなど重篤な病気の場合には数年間の治療期間を要することもあります。

一方で習慣性便秘の場合はとりあえず1度薬を出してもらってその薬と生活習慣の改善で便秘が改善するかどうかを見るというのが一般的です。

短い人なら1回の便秘治療で病院での治療は終了ということもあり得ます。

同じような習慣性便秘の便秘治療でも便秘外来での治療の場合はもっと時間がかかることがあります。
というのも便秘外来では内科よりも詳しく便秘の原因を探り、個人個人にあった治療計画を作るからです。内科に比べると生活習慣の指導なども詳しい場合が多く、治療計画に合わせて治療することから数か月の治療期間を設けることもあります。

便秘治療の基本となるのは病院での治療なら薬です。

便秘薬には腸を刺激するものや腸内の便を柔らかくするもの、腸内での痙攣を起こす自律神経の調整を行う薬などがあります。
これらの薬のうち患者の体質に合った薬を医師が処方して便秘治療とします。

便秘治療で滅多に行われることはないのが手術です。

便秘治療で手術は少ない器質性便秘や症候性便秘などの場合には原因となる病気の改善、治療のために手術を行うことはありますがそれは便秘改善のためではありません。

便秘治療で手術が行われる場合はよほど重症な便秘の場合のみで、手術の方法は腹腔鏡を使った手術が一般的です。難治性便秘で長いこと悩んでいて腹腔鏡手術を受けたところ治ったという例もあるのでリスクは理解しながら手術に臨むのも有です。

食事習慣の改善、運動習慣の改善、ストレスの解消、治療薬の服用などあらゆる便秘対策を行ってもよくならない場合、それによって生活に著しい影響がある場合に手術は行われます。

便秘解消が即効できる商品ランキング

病院で便秘解消の関連記事

ページ上部へ戻る