妊娠の安定期で便秘になるってホント?

妊娠の安定期に便秘になる原因

妊娠すると、今まで経験しなかった症状が起こる場合があります。

そのひとつが『便秘』です。妊娠後の便秘は、主に安定期に入った頃に多いといわれています。安定期とは、いわゆる妊娠中期頃。プロゲステロンの働きにより、消化器の平滑筋が弛緩します。子宮も大きくなり便秘を引き起こします。

また、妊娠すると子宮内に羊水を貯め込もうとします。

これにより、体内の水分量が減少し、便秘になりやすくなるといわれています。妊娠中は、つわりが原因で水分や食事が摂れない方も多いですから、どうしても便秘を引き起こしやすいのでしょう。では、どうすれば安定期の便秘を改善することができるのでしょうか。

安定期にオススメの便秘解消法

妊娠中は、どうしても便秘になってしまいます。
ですから、しっかり対策し予防することが大切です。便秘になったときの対処法を知っていると、妊娠中の辛い便秘も和らげることができるでしょう。

こまめな水分補給を

スムーズに排便を促すには、水分補給が欠かせません。

特に妊娠中は体内の水分が不足しがちですから、積極的に摂って便秘を予防してあげなければいけません。朝起きたらコップ1杯の水を飲むようにし、胃腸の働きを活発にしてあげましょう。つわりで水分や食事の摂取が困難になりがちですが、少しずつでも摂ることで辛い便秘を防ぐことができます。オススメの水分は、たんぽぽ茶や黒豆茶、ごぼう茶などです。

適度に体を動かす

近年は、妊娠中でも積極的に体を動かしている妊婦さんが増えているといいます。軽いウォーキングなら妊娠中でも無理なく運動できますから、ぜひ取り入れてみてください。週に1~2回程度の運動でもOKです。

乳酸菌を摂取する

ただし、摂りすぎはNGです。
『妊娠中のヨーグルトは避けたほうが良い』といわれていますが、適度であれば問題ありません。食べ過ぎると資質や糖質を過剰摂取してしまうことになりますから、1日1回の量に気をつけながら摂るようにしましょう。また、無糖タイプがオススメです。甘さはオリゴ糖やドライフルーツなどで補いましょう。

妊娠中は便秘薬を飲んでもいい?

辛い便秘をすぐに解消してくれる便秘薬。
確かに便秘解消で妊娠中でも飲んで良いのでしょうか?結論からいいますと、医師との相談が必要です。間違っても、自己判断で市販の便秘薬を飲むのは避けましょう。必ず医師に相談し、正しい便秘薬や漢方などを処方してもらってください。

便秘解消が即効できる商品ランキング

妊娠中で便秘でお悩みの方への関連記事

ページ上部へ戻る